【堕天鹿オリジナル小説】僕と彼女のレンタル家族 第34話 「明晰夢3」

 また、同じようにカメラのシャッターを切るように場面が切り替わる。夢とわかっていても、過去のトラウマとなっている記憶を追体験するのは苦痛であった。また、場面が切り替わると、小学生の僕は父親の部屋で麻雀牌を触って一人で過ごしていた。

 確か、この時は父親に麻雀を教えてもらい、ゲーム内容が難しくて一人で練習していた時だった。しかし、この時が僕にとって……母親と女性に対してトラウマになったキッカケでもあった。

「あぁ……難しいな。これが萬子まんず索子そーず筒子ぴんず。あれ、この字のやつなんだっけ?」

 父親の部屋で麻雀牌の種類と呼び方を覚えていると、階段を上ってくる音が聞こえてくる。重い足音にビクッと体が硬直する。この足音は機嫌が悪い母親だ。

「ちょっと。暇なら電話してお金貸してもらえるか聞いてきて」

「いや、面倒くさい。いま練習してるから無理」

 ちいさな反抗。母親の顔を見ないで、麻雀牌に触れながら拒否をする。これで何度目だろうか? どうせもうお金なんて貸してくれない。それをわかっているのに可能性に掛けていることが惨めだ。

 また、電話する度に怒られるのも僕はもう嫌だ。

「あなたも私を馬鹿にするの! いい加減にしなさい! 生活できるのは誰のおかげだと思ってるのっ!」

「ッツ!」

 ビクッとするほど大きな声で怒鳴られ、僕は母親を見上げた。真っ赤な顔で、ボロボロと涙を流している。だが、これもいつものことだ。なにかあれば母親は泣いて「こんなにも頑張ってるのに、誰も理解してくれない」と泣き崩れる。

 僕が、気づいていないとでも思っているのだろうか。借りた数百万、いや数千万に近い借金のほとんど……。

 ――智昭ともあきさんと、母親の彼氏に使われているじゃないか。

 借金や不倫と言った意味は理解している年齢。父親が知らない借金を膨れ上がらせ、それを知られない為に借金を増やす悪循環。だけど、僕も片棒を担いでしまっている。僕が借金をした、と言う自覚はなかったが、実際に電話をして受け取っているのは僕自身だ。

「こんな母親なんて、死ねばいいと思ってるんでしょ!」

「……そんなの知らないよ! もう電話するのも嫌だ! そんなに借りたいなら、自分で電話すればいいじゃん」

「誰が、誰が育ててると思ってるのっ!」

 泣きながら、顔を真っ赤して、歯を食いしばるように睨んでいる。怖くなった僕は、うつ伏せ状態から座り直す。近づいてくる母親の威圧に、ゴクッと生唾を飲み込んだ。

「こんなにも頑張ってるのに!」

「……イッ」

 大きく振りかぶった母親の右手が、僕の頬を激しくビンタする。痛い、痛みと恐怖でじわぁと涙がでる。呼吸が乱れ、目の前の母親の顔が至近距離にあり瞳孔がひらいている。

「なんだよ! もう何度電話しても、どうせ貸してくれないよ!」

「ふぅ……ふぅ、ふぅ。死んで償えとか思ってるんでしょっ!」

「うるさいなぁ! そんなに死にたいなら死ねばいいだろ!」

 もう一度、激しくビンタをされる。地団駄を踏むかのように母親が部屋を出ていき、痛みに震える僕だったが安堵していた。しかし、それも一瞬の出来事だった。

 すぐに階段を上ってくる音が聞こえ、部屋の扉をじっと見つめる。泣き顔の母親が現れると、睨んだ表情で僕を見下ろしている。また、母親の右手には……包丁が握りしめられていた。

 手の血管が浮き出るほど、母親は包丁を握りしめている。僕は、そんな光景に息を荒げ恐怖感に支配される。部屋に入ってこない母親は、廊下からコチラを見ている。

「そんなに死んでほしいなら、殺しなさいよ。ほら! これで刺しなさい!!」

 包丁を僕に渡すかのように突き出し、怒りに狂った母親が叫ぶ。

「殺しなさい!」

「……」

「ほら、早く刺しなさい!」

「……」

「死んでほしいんでしょう! なら、さっさと殺しなさいよっ!」

 声がかすれながら、何度も殺せと迫る母親と言う存在が化け物に見えた。

「うっ……おぇぇあぁえ。ケホッげほっ、うぇおうぇぇ」

 唐突に、奥底から溢れ出てくる嗚咽感と共に吐瀉物としゃぶつを撒き散らした。

「汚いなぁ。自分で殺せないなら、死ねっていいなさい! お母さん、言う通りに首を切って死んであげるから!」

 数回ほど嘔吐する僕は、気持ち悪さをグッと抑え込んで母親を見上げる。自分の首筋に包丁を突きつけ「死ねと言え」と繰り返す。急激な嘔吐により、僕はクラっと眩暈を起こす。

「どうして貴方達は、お母さんの気持ちを理解してくれないの……。こんな呪われた家族になりたくなかった」

 包丁を落とし、泣き崩れるように座り込む。顔を両手で隠し、泣きじゃくる声と一緒に言う。

 ――父親が協力してくれないから、いけないのだと。

 僕は知っている。母親が誰にも言えない背景を。母親の祖母も多額の借金を背負い、智昭さんと暴力団関係の金銭トラブル。自分さえも苦しいのに、老いた母のため、お兄ちゃんの為に借金をする。

 返済できない額まで到達しており、僕の目の前にいる母親はすでに壊れてしまっているのだろう。だから逃げる。少しでも現実を忘れるために、優しくしてくれる別の男性を求めてしまった。

 毎日、父親の悪口を言っている女の人。父親から生活費を貰い、それを使い込む女の人。帰ってくるのが遅いから、父親は浮気をしている。だから慰謝料を貰おうと言う女の人。

 ――自分はよくて、父親のすることは許せない。

 ――なんて、身勝手で。

 ――なんて、可愛そうな人なんだろう。

 ゆっくりと立ち上がり、僕は吐瀉物を跨いで部屋をでる。廊下で泣き崩れている女の人の側を通り「電話してくるよ」と一言伝えた。

 階段を降りて一階に行き、洗面所でうがいをしてから家をでる。ただ呆然と歩く自分の足を見つめ、最寄り駅に向かう。公衆電話に10円を入れて、いつもの番号へ電話する。

「はい」

「近藤です」

「いい加減にしろよ! もう、無理だって言ってんだろうがよ! 俺を殺す気か!」

「はい。大変申し訳ございません」

 心を殺し、本音を隠して謝罪をする。言いたい事は沢山あるし、否定したいこともある。僕は関係ないと叫びたい。けど、僕は知ってしまった。

 ――相手に自分の思いを伝えることで、苦しむのは僕自身だと。

 だから決めた。もう僕自身のことを伝えるのはやめようと。期待しても無駄だから、期待しても仕方のない事だから。

「きっと、偽物の家族なんだな。同じ家に住んでるのに、全員バラバラだ」

 電話が切れた受話器を戻して、電話ボックスからでる。涼しい風に撫でられながら、僕は嘘の塊である家に帰っていく。

 誰も、本当の事を本当の気持ちを伝えない、嘘の家族のもとへ。

-堕天鹿 オリジナル小説
-, , ,